モーターサイクル

Dトラ 250SB KLX250 純正フォークガード フォークカバー 交換

forkgurde001.jpg訳あってDトラのフロントフォークがバキバキになってしまいました...。なのでいつもお世話になってる楽天のはとやさんに破損しているフォークガードとフォークガイドを注文。左右交換で写真のパーツだけだと7000円弱でした。早速交換作業!これでまた一段とタイヤ・チェーン交換が遠のきます...。

forkgurde002.jpgご覧の通りバッキバキ...。右側に至ってはフォークガードがありません。これではフォークがストロークした際に飛び石や砂利を巻き込んでオイルシールを痛める原因にもなりますので早めに対処!しかしながらこのキャンディーブルーのフォークガードはもう製造・販売していないとのこと...。限定色はこれが不便です。仕方ないので黒を注文しました。今後これに合わせてシュラウドやサイドカバーも変更するしかなさそうです。








forkgurde004.jpgまずは車体右側のフォークガードの残骸を外します。今回の作業も比較的簡単で特殊工具は必要ありません。8mmのレンチと六角レンチ(サイズは覚えてませんが...)があれば交換可能。写真のくの字に曲がっているものはメーターワイヤーガイドです。こいつでメーターワイヤーをフォークガードに固定しますがこいつもフォークガードを注文しても付属してませんので再利用が必要です。まぁこの程度のパーツなら針金でもなんでも代用はききますが一応ご注意を。







forkgurde005.jpg次にフォークガイドを装着します。フロントフォークにフォークガイド用の溝が刻まれていますのでこれに合わせてフォークガイドの溝も合わせます。












forkgurde008.jpgフォークガイドにも上下がありますので間違えずに装着します。フォークガイドに型番が刻印されていますが、この型番が天を向くように取り付けさらに、ガイド部分は車体内側(フロントタイヤ側)から出るように取り付けると写真のようにフォークのアウターチューブとフォークガイドの下面がそろいます。










forkgurde007.jpgちなみにフォークガイドには取り付けボルトは付属していません。注文の際に別途注文するか欠損していなければ現在使用中のものを使用します。今回は欠損もないので古いやつを流用しました。











forkgurde009.jpgあまり締め外ししないボルトにはネジ山部分にグリスアップしておくと固着を防ぐので今後のメンテナンスに効果を発揮します。













forkgurde010.jpgガイドを取り付けたら下からフォークガードを溝に沿って入れていきます。












forkgurde011.jpgあとはボルトをしてメーターワイヤーを固定したら右側フォークガードの交換は完了!!












forkgurde013.jpg次は左側。フォークガイドの取り付けは右側同様でできますが左側のフォークガードはブレーキホースを固定する爪が3つあるので少し面倒。フォークガードをガイドに通す前にブレーキホースを3つの爪に固定すると面倒なので一番上の爪、もしくは一番下の爪のみ固定します。











forkgurde012.jpg一つだけ爪を固定した状態でフォークガイドにフォークガードをはめこみその後に残りの爪二つを固定して完了!












forkgurde014.jpgこれで交換完了!モタードやオフ車は外装が壊れてもすぐ交換できるように安価で交換可能です。次こそはタイヤ・チェーンの交換がしたい!

2014/09/10

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ