モーターサイクル

Dトラッカーのサイドスタンドの塗装が剥がれてるので自分で塗装

stand001.jpgいつの間にか塗装が剥がれてしまっているサイドスタンド。なんだかみすぼらしく見えてしまうのでここも塗装してやろう。跳ね上げるときに蹴る場所と下ろすときに踵を引っかける場所が特にひどく剥がれてます。

stand002.jpgサイドスタンドを外すのは結構簡単。逆につける方が難しい。ちょっとコツがいります。写真のように根元のボルトを外すのですが、スプリングの力がとても強いので簡単には外れません。走行中にスタンドが下りてしまったらとても危険なので(特に左折時)スプリングの強い力で固定されています。ボルトを外すと車体後部へ引っ張りながら上へ持ち上げると写真のように外れます。





stand003.jpg無事に外れました。スプリングはグリスアップしておきます。











stand004.jpgそして塗装。ですがDトラッカーのスタンド用の塗装スプレーなんて当然あるわけもなく、今回は99工房のM-529マツダ用18Gハイライトシルバーを使用。っていっても車のボディを塗装する時の用にカラーにシビアになる必要はありません。車のボディの場合はしっかりとカラーを合わせておかないと後々「あの部分だけ色違くね?」なんてことになりますが、バイクのスタンドなんて他の箇所と色合いを確かめることもありませんし。塗装にムラができないようにとりあえず40℃くらいのお湯で塗料を十分温めてから吹き付けます。




stand005.jpg塗る→乾かす(タバコ吸って時間を潰す)→塗る(タバコを吸って時間を潰す)の繰り返し。一度で塗装しようとせず数回に分けなければなりません。ほんとは砂ぼこりが来ないところで塗装しないといけませんがスタンドなので別にいいでしょう。すぐにまた剥がれてしまうでしょうし。






stand006.jpgってな感じで繰り返して完成。一日で終わります。スプレーもだいぶ余ったのでシフトチェンジペダルあたりも塗装してやるか。時間とやる気があればスイングアームも。

2017/04/24

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ