モーターサイクル

Dトラ、ハンドルを切るとテールランプが消える!?現象に遭遇・・・

tail_repair001.jpgちょっとツーリングに行った際、後ろのライダーから「テールがチカチカしてうざいよ」とのご指摘をいただきました。で帰って点検。どうやら嘘ではなさそうです。ハンドルをまっすぐにした状態だと写真のようにテールが消灯してしまいます。灯火類の日常的な点検は義務付けられていますが毎回そんなことしてる人なんていないでしょう。今まで会ったことありません。その例に漏れず僕も日頃の点検を怠っていたわけですが。ヘッドライトだったら点灯してなかったらすぐにわかりますし、ウィンカーも切れる寸前や切れてしまったらハイフラになるのですぐに気づくのですがさすがにテールはなかなか気づかない。人に言われなければずっときずかないままかもしれません。ですがそんなわけにもいかず、まずは原因を探ってみることにしました。

2016/10/20

この記事を全部見る

Dトラ、KLXのオイルエレメント、オイルフィルタ交換のやり方

2016-09-19element001.JPGオイルのゴミをこし取るオイルフィルター。オイルエレメントとも言われますがこいつもマメに交換が必要です。といってもそこまで難しいものではないのでオイル交換のついでにたまにはオイルエレメントも交換しておいた方が無難です。僕のはオイル交換2回に1回の割合でエレメント交換してます。距離でいうと6000km、期間でいうと半年ちょい。これは車両にもよりますし、走り方やエンジン内部の汚れにもよりますので明確な交換時期は一概には言えませんが、「気になったら交換」ということで。エレメント自体も1000円程度で交換作業も簡単なので替えておいて損はないものです。

2016/09/25

この記事を全部見る

Dトラメンテの際に重宝するバイク用ジャッキを格安で購入

jack001.jpgDトラのメンテをする際、これまではありもののジャッキを使ってリフトアップしてました。車のスペアタイヤ交換の際に使用するパンタジャッキを使用して車体をある程度浮かせたら、下にジャンプやマガジンなどの安くて分厚いものを敷いて無理矢理リフトアップできます。使い終わったらごみとして処分できるので安くて分厚い本はジャッキアップの応急処置としては便利です。ですが、メンテナンスしてる際はやはり不安定なのでいよいよバイク用ジャッキを購入。ワンタッチでジャッキアップできるものや油圧式のものもありますが、毎日使用するわけでもないので価格重視でチョイス。バリバリの中国産ですが、メンテの際に使用できれば十分です。

2016/09/11

この記事を全部見る

Dトラナックルガード,ブッシュガード取り付けのバーエンドボルトの種類

bolt001.jpgオフロード、モタードにブッシュガードやナックルガードを装着する際に必要なバーエンドのアダプタ。今回ネットで購入したMADMAXとかいうところのブッシュガードに付属していたアダプタがどうやっても使えない。ってことで色々とバーエンドアダプタを買い漁りました。付属のこいつはネジを締めることで筒がスライドしていき、ハンドルバー内で広がって中から固定するというもの。うまくいけばですが。結果これではだめでした・・・

2016/08/30

この記事を全部見る

ホンダ初水冷エンジンGL400/GL500(CXEURO)をカフェにカスタム

gl001.jpg以前投稿したサンダーバード、スラッシャータンクトップのオーナーがGL500なる車両を新しく購入。興味津々で見に行ってみましたが、これがその残骸です。不動車だったため、レストアが必要とのことでエンジンが下されている状態。動かないということで車体も3万程度で購入できたということですが、ここからどこまでレストアできるものか。既にばらされた状態だったのですが、フルノーマルの状態だと、旧車も旧車。ホンダだとCBXあたりが人気の的ですが、こいつも隠れた名車!と言ってました。

2016/08/29

この記事を全部見る

<<back
↑このページの先頭へ