音楽

hoobastank

欲望 Every Man For Himself

01.The Rules
02.Born To Lead
03.Moving Forward
04.Inside Of You
05.The First Of Me
06.Good Enough
07.If I Were You
08.Withou A Fight
09.Don't Tell Me
10.Look Where We Are
11.Say The Same
12.If Only
13.More Than AMemory
14.Finally Awake*
15.Waiting*
*japan bonus track

アメリカ・カリフォルニア出身のロックバンド「hoobastank」(フーバスタンク)のアルバムでメジャー3作目、'06に発売された「欲望 Ever Man For Himself」です。 メジャー1作目からメンバーだったベースのマークー・ラッパライネンが脱退し、3人になってしまいました。 hoobastankの中のアルバムではあまり聞いていない…。 初回限定盤のこのアルバム(緑色の指紋柄)ではDVDもついていますが主に前作のLive映像で今作のPVはちょっとだけ。 という感じです。02曲目の「Born To Lead」と07曲目の「If I Were You」の2本が入っているくらい。 あとはサマソニの映像が3本、「Out Of Control」「Same Direction」「The Reason」です。 あまり聞いてませんがhoobastank節的なものは相変わらずで結構好きです。 ただ歌詞の内容はやっぱりほぼ暗い、哀愁、後悔が漂うような内容が多く「Out Of Control」や「Same direction」の様なテンションのあがりそうな曲は08曲目の「Without A Fight」14曲目の「Finally Awake」くらいでした。 エモ好きな人にとってはお勧めな気もします。特に13曲目の「More Than AMemory」あたり。 ちなみにジャケットをよく見てみると指紋のようなデザインですがよく見てみると右下らへんにhoobastankのロゴ「∞」のロゴが地味に載っている。それと赤い指紋柄は初回限定盤ではないのでDVDはついてませんので。

前のページに戻る

↑このページの先頭へ