アメカジ

ホワイツセミドレスの経年変化...半年後...メンテナンス

whites002-001.jpg2013年の2月に我が家にいらしたホワイツのウォーターバッファロー・シエンナのセミドレス。
大事に酷使(?)した結果がこちらです。ウルヴァリンをよりも艶を保ち、シャフト(足首の部分)もしっかりしています。

whites002-002.jpg綺麗に、足をぶつけないように履いているので目立った傷はありませんがトゥは少しスレ気味...。
これも味ということにしておきます。ウルヴァリン同様に純正のシューレース(靴紐)から革製の角紐に変更しました。やはりウルヴァリン同様にフックにかかりません(汗)なので紐が馴染むまではフックに掛けずに使用していました。








lexol.jpgちなみにメンテナンスはウルヴァリンと違いこいつらを使用しています。
LEXOLのシャンプーとコンディショナー。オレンジのものがシャンプーで茶色いものがコンディショナーです。洗面器にお湯を張ってスポンジにお湯とシャンプーを含ませ泡立てて靴の表面を撫でるように洗います。で、洗い終わったら扇風機で乾かしているうちにもう片方のブーツを洗います。もう片方を洗い終わると最初に洗った方はもう乾いているので茶色いコンディショナーを少量、別のスポンジに含ませ、表面に伸ばしていきます。で塗り終わったら艶が出るまで乾拭き。というメンテを僕は行っています。乾拭きに使う布は古いTシャツなどの柔らかい布を使用してます。
もしこのブログを見てくださってる方がいれば参考になれば幸いです!

2013/12/15

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ