アメカジ

本邦初公開!自己流ウルヴァリンのメンテ・手入れ!

boots001.jpg我が家にきて三年目のウルヴァリン。もうそこまで経年変化を感じられなくなってきましたがメンテはしっかりと。そのメンテ方法が合っているかはわかりませんが。ネットで調べても正しいかわからないし、自分の持っている道具が適正かわからないし、革の種類によってメンテ方法も違うのであればもうわからないことだらけなのでとりあえず自分なりのメンテを行っているため、僕のメンテを初公開!よい子は真似しないように!

wash001.jpgメンテの前に全体を確認。まずはヒールです。だいぶ履き続けてまだ張替えしてないのでかかと部分がすれてます。これで三年目。ここまで擦れるとカッコ悪いな...。そのうち張替えをしてやらねば。












wash002.jpgこちらがトゥーチップ。ボロボロですがこれが意外と役にたってます。これがなければつまさきはとうの昔に磨り減っているはず。小さいくせに頼れるヤツです。











wash003.jpgまずはシューレースを外して開放!三年目ではありますがまだ革のいい香りがします。













wash004.jpgタンもかなりくたびれている...。2~3ヶ月メンテしてやれてなかったからな。今日は存分に手入れしてやらねば。












wash005.jpgタンの縫い目部分などに砂埃が溜まってるのでブラッシングで掻き出してやります。ブラッシングだけでも結構見た目は綺麗になります。












wash006.jpgコバの部分も丁寧に。コバが汚いとなんだか綺麗になった気がしないのでここも入念に。












wash007.jpgブラッシングが終わったら豪快にシャンプーで洗います。この方法で合っているのか!?という煩悩は不要です。しっかりと泡立てたレクソルシャンプーで泡を伸ばすように洗います。ゴシゴシと力を入れては洗いません。











wash008.jpg泡で洗ったらしっかりと絞ったボロTシャツで泡を拭き取ります。この時は結構念入りに。













wash009.jpg左側がシャンプーして水ぶきまでした方です。右側はまだ手付かず。この位目に見えて綺麗になるとメンテもやる気が増します。












wash010.jpg両方洗い終わったら次にレクソルのコンディショナー。すーっと薄く伸ばします。













wash011.jpg伸ばし終わったら最後にこいつ。シューポリッシャー。柔らかい布のようなものですが。出張行った際、アメニティグッズは全て持ち帰る僕はこういったものもちゃっかり頂いて帰ります。こいつで乾拭き。











wash012.jpgで、完了。これが僕流のメンテです。革のメンテ的に正しいのか間違っているのかはわかりませんが三年目の今でも現役バリバリで活躍してくれてます。

2014/06/30

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ