アメカジ

schott100周年 迷彩柄ワンスター(611)が我が家においでませ。

onestar001.jpgschottの100年を記念して作られたワンスター。この迷彩柄の611もその一つなのですが雑誌で一目ぼれ。ちょと派手かなぁ。しかし迷彩の革パンも持ってるしそれに比べれば派手じゃない!100周年モデルだし何よりワンスターを1着持っていたい!そんな声なき声が聞こえたのか今年の誕生日に我が家においでくださいました。既に我が家においでませの147同様これから長年お世話になります。無論、袖に星のパッチのついているclasic Racer Johnny Specialも共に。ずっと冬ならいいのに。

onestar002.jpgワンスターの代名詞ともいえるエポレットのスタッズ。schott好きの中でも賛否両論ですが僕はこの星が大好きです。












onestar003.jpg迷彩柄の部分と腕では使用している素材が違い、腕は通常のschottのレザーを使用していますが迷彩柄の部分はイタリアモンテベロ製のレザーを使用してるとのことでさわり心地や硬さが異なります。柄はとても好きなのですが迷彩のパンツ同様に引っかき傷が顕著に目立つので取り扱いには注意が必要です。









onestar005.jpg左ポケット内側にはプリントタグ。













onestar006.jpgそれともう一点、ここも僕の持っている147やパッチスペシャル(長渕モデル)などと違い、腕の前面、後面で使用している素材が違います。肘の曲げ伸ばしの際、伸縮する後面には目の粗い素材を使用しており、147やパッチスペシャルよりも硬くなく、肘を曲げても生地にテンションがかかりにくいため、日常動作も比較的楽です。革ジャンってかっこいいですが少なからず動き辛いもの、ですがその点でもあまりストレスを感じません。
全体的に通常のワンスターよりもタイトに作られています。147を着る際、中にパーカーやらネルシャツやらを着込むのですが147はサイズが36なのに対しこのワンスターは38で中に着込んでちょうどよい、という感じです。

2015/02/22

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ