アメカジ

ウルヴァリン1000マイルブーツにハーフラバー貼り付け|メンテナンス

w-heelrepair001.jpg2016年末にホワイツと入れ替えで修理してもらったウルヴァリンの1000マイルブーツ。ホワイツはヒールだけの修理だけでしたがウルヴァリンはレザーソールでだいぶソールが擦り減っていたのでヒールとハーフラバーを貼り付けてもらいました。価格は左右で6000円いかないくらい。今回も福岡天神のストンプにお願いしましたが年末の立て込んでる時期でも1週間かからないくらいで仕上げてくれました。レザーソールだと雨が降ってきた時など濡れた地面を歩くときに水を吸い込んでしまうので気になっていたのですが、ハーフラバーにすることでその悩みも解消されそうです。レザーソールよりも滑りにくいのでタイルの上でも安心。せっかくのレザーソールがもったいない気もしますが、雨水などでソールが柔らかくなってしまった時に小石などを踏んでしまうとズボッと破けてしまうこともありますのでそうなってしまう前に早めの対処。

repair-sole002.jpg懐かしいレザーソールがむき出しの時代。ヒールもトゥースチールも取り付けたのでこのときは結構な額になってしまいました。お店に預けている期間も長かった・・・。ハーフラバーを貼り付けたのでしばらくはトラブルなく履けそうです。

2017/02/12

トラックバック

前のページに戻る

↑このページの先頭へ