アメカジ

ホワイツやウルヴァリンなどの経年変化記録も掲載しています。アメカジというか[Made in USA]やアメリカブランド物の投稿だったり、アメリカ物じゃなかったり…ミリタリー物やアウトドア物、丈夫・タフな物だったり。物使いが雑なため身の回りの物は極力頑丈な物で固めておこうと思った結果手に入れてきた数々の代物もあります。アメカジ好きな人に贈るクリスマスプレゼントや誕生日プレゼント、バレンタインのプレゼントなどの参考にもなれば幸いです。

春秋にちょうどいいフィデリティ(FIDELITY)のダウンベスト

fid001.jpgいい年こいて極端な夏服か極端な冬服しか持っていなかったわけですがようやく春・秋でも恥ずかしくないアウターをゲット。USブランドフィデリティ(FIDELITY)のダウンベストです。フードを取り外せることはもちろん、薄いのにあったけぇ。下にはパーカーからTシャツまでいろいろ着込めるので重宝しそうです、ちょっと汗ばみそうな初冬からポカポカ陽気の春先まではschottの革ジャンの一張羅。ちょっと肌寒い春先から夏を通り越し、秋全般はTシャツ、と季節感のない服装でダラダラしていた生活ともおさらばです。

2015/02/28

この記事を全部見る

schott100周年 迷彩柄ワンスター(611)が我が家においでませ。

onestar001.jpgschottの100年を記念して作られたワンスター。この迷彩柄の611もその一つなのですが雑誌で一目ぼれ。ちょと派手かなぁ。しかし迷彩の革パンも持ってるしそれに比べれば派手じゃない!100周年モデルだし何よりワンスターを1着持っていたい!そんな声なき声が聞こえたのか今年の誕生日に我が家においでくださいました。既に我が家においでませの147同様これから長年お世話になります。無論、袖に星のパッチのついているclasic Racer Johnny Specialも共に。ずっと冬ならいいのに。

2015/02/22

この記事を全部見る

ウルヴァリン1000マイルブーツのオールソール(靴底張替)完了!

repair-sole002.jpg昨年11月にソールの破れを発見してから福岡市の靴修理店STOMP(ストンプ)にオールソールに出して早や2ヶ月。年末年始でお店が立て込んでいたこともあり先日我が家に無事帰宅しました。ばっちりかっこよくなって戻って参りました。純正はステッチがむき出しになっていましたが今回は内側に見えないように仕上げてもらいました。見た目はステッチが見えてた方が好きなのですが切れたりすることを考えると内側に見えないように仕上げてもらった方がいいだろうってことで。ちなみに純正のウルヴァリンのソールはオイルが染み込ませてある革(名称は忘れましたが...)のため、ハーフラバーなど接着剤で貼り付ける使用のラバーは装着できないとのことでしたが今回のレザーソールは接着剤も使えるタイプとのことで後々にハーフラバーを取り付けすることも可能です。

2015/02/15

この記事を全部見る

ショット(schott)の革パンを福岡市中央区でクリーニング!

schott-pants001.jpg5年前に一目ぼれしたschottの革パン。定価で58000円だったのでシブシブ諦めましたが、数ヶ月後同じ店を訪ねてみると半額の29000円に!サイズがUSサイズで32のかなりオーバーサイズだったので試着して誰も買わなかったのか、迷彩の革パンが派手すぎるのかは不明ですが、「もう少し様子を見てまた値下がりしたら買おう」と再度断念。そして更に数ヵ月後、28000円の定価表示が赤ペンで棒線が引かれ、9800円に!!忘れ去られたかのように商品棚の端っこに埋もれてました。ここで会ったが百年目と速攻でレジへ持って行きスタッフさんの「こんなんあったっけ...」とのつぶやきに「ええ、数ヶ月前からありましたとも」と返答はしませんでしたが難なくお会計を済ませゲットした代物です。

2015/02/11

この記事を全部見る

アメカジ好き必見!雨天・雪道でも大活躍のコロンビアブーツ

columbia001.jpg普段はウルヴァリンやホワイツを愛用してますがさすがに雨天や雪の中を歩くのは気が引けます。そんなときに大活躍してくれるのがこのコロンビアブーツ。もう5~6年ほど前にネットで購入したものなので現在は販売されているモデルか不明ですが現役でバリバリ活躍中。ノースフェースと比べると知名度は低いかと思いますがアウトドアブランドながら街中でも通用するデザインも多くブーツ以外でも多種多様の商品がありパタゴニア・グレゴリーなどと比較しても値段が安いため重宝するブランドです。

2015/01/16

この記事を全部見る

<<back
↑このページの先頭へ