アメカジ

ホワイツやウルヴァリンなどの経年変化記録も掲載しています。アメカジというか[Made in USA]やアメリカブランド物の投稿だったり、アメリカ物じゃなかったり…ミリタリー物やアウトドア物、丈夫・タフな物だったり。物使いが雑なため身の回りの物は極力頑丈な物で固めておこうと思った結果手に入れてきた数々の代物もあります。アメカジ好きな人に贈るクリスマスプレゼントや誕生日プレゼント、バレンタインのプレゼントなどの参考にもなれば幸いです。

プレゼントにお勧めな革財布 ホワイトハウスコックス Whitehouse Cox

whitehouse002.jpgイギリス王室御用達のブランド・ホワイトハウスコックス。1875年の創業以来、財布やカードケースなどの革製品を作り続けているブランドです。イギリスブランドでありながら写真は米ドル...。外国製ってだけで様になるかなぁと思って撮ってみました。イギリス・アメリカ両方行ったことありませんが...。

2013/12/12

この記事を全部見る

ウルヴァリン ブーツ 手入れ 経年変化 1年半で...

wolvarin003-001.jpg一年半酷使したウルヴァリン1000マイルブーツ。つま先のスレ具合やシャフトのくたびれ具合がたまらない!自己満足でしょうが「年期入ってるね~」とか「いい味出てるね~」と言われるとすごく嬉しくなります。ワークブーツやマウンテンブーツをお持ちの方ならこの気持ちがわかるはず。「自分のブーツが一番かっこいい!」手間かけてメンテした分愛着もわきます。オイルをすり込んである程度の撥水効果もありますが土砂降りの雨の中では使用しません。雲行きが怪しい時に履いて出かけて小雨に打たれることはありますが濡れた際は公衆便所等でトイレットペーパーをちょっと拝借して雨水を拭き取ります。で帰宅しても濡れてたら扇風機で乾かす。1ヶ月に1度くらいの割合でオイルアップしますがこれは自己流のメンテなので参考にはならないかもしれません。ちなみにブーツのフックの使い方として、「いちいち紐をほどかず、リボン結びしたままフックを外した方が早いよ」ととある方に教えて頂きました。写真はフックから紐を外しただけの状態です。確かに靴の脱ぎ履きが多い日本ではそっちの方が勝手が良いです。

2013/12/07

この記事を全部見る

福岡オーダーメイドアクセサリーダズン(dozen) ネックレス

neckress004.jpg以前頂いたネックレスが壊れてしまい、なんとか修理・リペア・リメイクできないものかと考え検索した結果たどり着いたのが福岡の親不孝通りから少し外れたところにあるアクセサリーショップ「dozen(ダズン)」。オーダーメイドでの制作や今回の僕のように壊れたネックレスの部品を使って新しいデザインで制作してくれます。材質やデザインにもよるかと思いますが。

2013/12/02

この記事を全部見る

長渕モデルと言われるschott(ショット) 革ジャン Johnny Special

schott-doble001.jpgライダースジャケットで有名なアメリカのブランド「Schott」。このモデルはSchottの中でも日本向けに販売されたシングルライダースジャケットです。
正確には上野商会という企業がSchottからライセンスを取得し、Schottと共同で日本市場に向けて開発・製造・販売していたモデルです。2005年に購入したモデルで本国アメリカで製造されているものとは違い、次々といろいろなデザインが登場しています。
毎年いろいろなデザインが販売されており、その年で度買い逃すと同じデザインでは手に入らないものではないかと思います。ちなみにこのモデル、長渕剛さんがライブで来てました。そんなこともあり長渕モデルと言われることもありますが正式な呼び名ではありません。schottはJohnny Specialと名を冠しているようです。

2013/12/01

この記事を全部見る

schott 618 ヘビーステアハイド 革ジャン

schott-dobule001.jpg革ジャン、レザージャケットといえばVANSONと並ぶSchott(ショット)。アメカジというよりはバイカー、ライダースといったイメージが強いですが最近は定番の618、613のほかにもワンシーズンデザインでジャケットの他にもシャツやパンツなどを手がけとります。

そのschottのから製造・販売されているレジャージャケット618。
ダブルの革ジャンでは定番中の定番ともいえるモデルです。
左ポケット内側にタグが縫われており、そこから型番を知ることができます。
同じ形でも型番が違うものが存在しますが素材の違いによって型番が変わってくる様です。
この618はヘビーステアハイドを使用しているタイプ。
ステアハイドとは生後2年以上経過しているオス牛の皮だそうで一般的な牛皮として知られています。
また、同じ牛皮でもカウハイドというものがあり、カウハイドとは生後2年前後の出産経験のあるメス牛の皮だとか。ステアハイドより柔らかく、薄い皮だそうです。
この素材の違いにより同じデザインでも違った型番になってきます。
ちなみにカウハイドを使用し、製造されたモデルが118となります。

2013/11/30

この記事を全部見る

<<back
↑このページの先頭へ